賃貸契約時に困った事

Hot Entry
賃貸契約時に困った事

家の事情で

家の事情で、急に一人暮らしを始めたことがあるのですが、その時自分で考えていたよりも、賃貸の契約は面倒だと感じました。

まず、賃貸を契約する時、連帯保証人を見つけなければなりません。私は、親族とほとんど深い付き合いがなく他人のような関係でしたし、一緒に暮らしている親や兄弟とも、特別仲が良いというわけではありませんので、親族に連帯保証人を頼むことが、とても気が重かったという記憶があります。
また、賃貸を借りる時には敷金礼金も用意しなければならなかったのですが、当時私はほとんどお金を持っておらず、ちょっと困ったなと感じました。

敷金礼金は、正直賃貸に不要なしきたりだと感じていましたし、今でもその気持ちは変わっていません。特に、お金が厳しい時に敷金礼金を請求されてしまうと、これからの生活も苦しくなってしまいますので、その出費のことを考え、頭を悩ませた記憶もあります。自分で経験してみて、賃貸の契約を行う時には面倒事がたくさんあると実感しました。

現在賃貸物件に住んでいて、新たに賃貸物件を探している時の話です

現在賃貸物件に住んでいて、新たに賃貸物件を探している時の話です。

住み替えることになるのですが、スムーズに行うには色々と考える必要があります。更新がないようなところにおいては、常に借りることが出来る状態ですが、いきなり退去するとは言えません。退去する予定の一定期間前に、その旨を伝える必要があります。このタイミングを間違えると、二重に家賃を支払わなければならないことがあります。探す期間などの余裕を見ながら行わなければいけません。通常は探すのに1ヶ月ぐらいかかると言われています。ですから、それを見越して退去の連絡をしました。

いよいよ探そうと思ったら、いきなり良い物件が見つかってしまいました。
それもすぐに入居可能な状態とのことです。
賃貸契約についても、すぐに行わなければいけないとのことでした。
もう少し契約を伸ばすことが出来れば、二重で支払う期間も少なくて良かったのですが、あまりに早く見つかりすぎると、二重の期間も長くなってしまいます。

注目情報

Copyright (C)2014賃貸契約時に困った事.All rights reserved.